TIS長野主催 –ビジネスパートナー交流会開催のご案内(1月23日)

TIS長野主催 –ビジネスパートナー交流会開催のご案内(1月23日)

2020年、1番最初のTIS長野主催のイベントです。 
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

日時
2020年1月23日(木) 
16:30〜19:00(受付16:15〜)
会場
『iLab』長野県松本市深志1-2-15 CENTURY MAXIMビル5F
費用
無料
『ビジネスパートナー交流会』について
地域の同業者同士、地域の将来を考えるパートナシップを深める交流会です。


私たちは、どうやって事業を創っていくのか?

私たちは、新技術への対応、技術者の育成、限られたリソースなど 様々な課題を抱え、模索しながら、この地域で事業を営んでいます。
同業同士、同様の課題に向き合い、解決のためのシナジーを生み出し この地域をもっと盛り上げていきたい。

そのために、私たちが交流していく場が必要と考えています。
画像をクリックするとチラシのPDFが開きます。
プログラム詳細
1)オープニング (16:30〜16:35)

2)基調講演 (16:35〜17:05)
『2020の人財獲得と育成』(仮題)
株式会社 エイ・ティ・エフ 代表取締役 籔田 博大 様

3)情報発信 (17:05〜18:00)
TIS長野の取組み(開発部門・業務革新部門登壇)
参加企業様の取組み(数社を予定しています)

4)懇親会 (18:00〜19:00)
軽食をご用意しています。
注意事項
・申し込み多数場合は、抽選とさせていただきます。
・講演内容などは、都合により変更させていただくことがございます。
・会場には専用駐車場がございませんので、公共交通機関や周辺の駐車場をご利用ください。
 JR松本駅から徒歩4分です。
・リラックスした服装でお越しください。
お問い合わせ先
TIS長野株式会社
業務革新推進部 北村・長田
e-mail:ml_sales@tis-n.co.jp
TISと会津大学が自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験に、TIS長野のソリューション「在庫管理システムEVEN」を活用

TISと会津大学が自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験に、TIS長野のソリューション「在庫管理システムEVEN」を活用

TIS株式会社(以下、TIS)と、公立大学法人会津大学(以下、会津大学)が共同で「在庫管理システムと自律移動配送ロボットを連携させた搬送業務の自動化」を目指す実証実験が会津大学内のLICTiA(先端ICTラボ)で、2019年11月26日~28日に開催されました。
その中で、TIS長野のソリューションである「在庫管理システムEVEN」(以下、EVEN)※1の一部機能が利用されています。
※1:EVEN
EVENは、ハンディターミナルとバーコードを活用した在庫管理システムです。
複数倉庫の在庫を一元管理でき、リアルタイムに情報が更新されるため常に最新の在庫情報を把握可能です。また、入出庫、検品、棚卸などの倉庫業務に必要な機能があり、ピッキング方式や管理単位などの設定が可能なため、業種を問わずご利用いただくことができます。
実証実験の概要
本実証実験は、TISと会津大学が共同研究を進める「自律移動する異機種ロボットに関する要素技術の研究」の研究成果を検証することを目的としています。
FIWARE(ファイウェア)※2 を活用しTISが開発を進めている「ロボット間のデータ連携」などを実現するプラットフォーム「RoboticBase」と、会津大学が研究開発している自律移動型ロボットを連携することで、搬送業務のラストワンマイルの自動化をユースケースとした実証実験になります。

※2:FIWARE
FI(Future Internet)WARE(次世代インターネット基盤ソフトウェア)。FI-PPPが次世代インターネット技術における欧州の競争力強化と、社会・公共分野のスマートアプリケーション開発を支援するために、開発した基盤ソフトウェア。参考URL:https://fiware.org/
実証実験の内容
EVENは、倉庫間移動のユースケースとして“在庫調整入力機能”を用いて、ロボットに指示を発行するFIWAREとのインターフェース連携部分で利用いただきました。
もうひとつのユースケースは、出荷先からの注文依頼によって搬送ロボットが荷物が保管されている倉庫に移動し、荷物を受け取った後、出荷先に移動するというものです。
実験では、自律走行する2台の搬送ロボットが活用されており、ロボットに搭載されたレーザーで周りの環境を認識し自律走行することで障害物をよけたり、RoboticBaseとロボットで連携した運行管理により、一時停止場所で待機することでロボット間の衝突を避けたりするものでした。
自動ロボットによる
荷物搬送実証実験イメージ図
公立大学法人会津大学について
公立大学法人会津大学(会津大学)は、ITの専門大学としての特徴を活かし、災害対応などのロボット及びロボット用ソフトウェアの研究開発、ロボットネットワーク・クラウドロボティクスに関する研究開発、ロボット関連ソフトウェアの標準化とソフトウェアライブラリの公開によるロボット技術の普及・人材育成などを推進しています。
https://www.u-aizu.ac.jp
TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。
https://www.tis.co.jp/
『2020年度新卒入社 内定式』を開催しました

『2020年度新卒入社 内定式』を開催しました

本日、2020年度入社予定社員の内定式を開催しました。
内定者7名に内定証書が授与され、代表の小出からの歓迎の言葉に真剣な眼差しで耳を傾けていました。

社員一同、来年4月にフレッシュな顔ぶれを迎えることを心待ちにしています。
来春の入社に向け、健康に留意して残りの学生生活を有意義なものにしてください。
当社技術者がLightningTalks登壇!! クリエイター&デペロッパー向けIT勉強会

当社技術者がLightningTalks登壇!! クリエイター&デペロッパー向けIT勉強会

9月6日(金)、松本市内にあるコワーキングスペース『Knowers』を運営されているクラウドット様主催の『クリエイター&デペロッパー向けIT勉強会”MEETUP&BEERBASH”』にお招きいただき、当社技術者が『VUIでAIと話そう』というテーマで、LightningTalks(以下、LT))に登壇させていただきました。
また、他の登壇者の方のお話もお聞きした後、ネットワーキングにて交流を深めさせていただきました。

今回は、LT登壇の機会をいただきまして、誠にありがとうございました。
Meetupイベント開催のご案内(10月25日)

Meetupイベント開催のご案内(10月25日)

2019年6月に続き、第2回目のMeetupイベント(AIM*)を開催します。 
皆様のご参加をお待ち申し上げております。 Lightning Talks登壇者も募集しています。

日時
2019年10月25日(金) 
16:30〜19:00(受付16:15〜)
会場
『iLab』長野県松本市深志1-2-15 CENTURY MAXIMビル5F
費用
無料
セッション
1)基調講演 『地域包括ケア 製薬とITの異業種連携イノベーション』(仮題)
(Tスクエアソリューションズ株式会社 取締役 事業企画部長 山本勇樹様)

2)Lightning Talks
『技術革新だけじゃない、イノベーション 〜〇〇な取組みしてます〜』(仮題)
【LT登壇(予定)】
・Sierというつなぎ屋 / いいづか
・飯塚○○という生き方 / よねざわ
・わが社の「取り組み」 / あいど New

※5名程度を予定しています。決定次第、追記していきます。

3)ネットワーキング
軽食をご用意しています。

本イベントの詳細につきましては、
こちらをご覧ください。
AIMについて
Accelerate IT Meetup in Naganoの略。

私たちは、このAIMを通じて、一緒に向上したり相談できる仲間がほしい、情報交換したい、なにかアウトプットしてみたいなどなど、つながっていて良かったと思える継続的なオープンなコミュニティを目指します。

『Accelerate』には、早まるや加速するという意味があり、AIMを通じて、技術の深耕だけでなく、人的交流も加速させたいという願いを込めました。
注意事項
申し込み多数場合は、抽選とさせていただきます。
講演内容・セッションは、都合により変更させていただくことがございます。
同業他社および個人でのご参加は、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
会場には専用駐車場がございませんので、公共交通機関や周辺の駐車場をご利用ください。
リラックスした服装でお越しください。
お問い合わせ先
TIS長野株式会社 営業推進部
e-mail:ml_sales@tis-n.co.jp
自社研修『人材力強化研修』を開催しました

自社研修『人材力強化研修』を開催しました

外部講師を招いて、弊社向けにカスタマイズしたカリキュラムで、自社での集合研修を開催しました。

自社集合研修の形式で、営業パーソン向けのスキルやマインドセットなどの内容を企画検討していましたが、受講予定者にヒアリングをしたところ、特に対人コミュニケーションについて興味を持っていることがわかりました。

そこで今回、研修講師に企画を相談させていただいたところ、弊社が受講したいテーマに沿ってカリキュラムにて、快く講師を引き受けていただきました。また、当初は営業パーソン向けに企画した内容でしたが、開発技術メンバーも参加し、部門横断的な研修として開催することができました。
研修の概要は以下の通りです。


 『人材力強化 〜自分の強み弱みを知り・相手の欲求を知ろう〜』

  【研修でお伝えすること】
   ・自分を知り、相手を知るための具体策
     〜ハーマンモデル「効き脳診断」
   ・仕事でもプライベートでも活かせる
     〜コミュニケーション力をもっと高める方法

  【研修で目標とするゴール】
   ・コミュニケーション力を高めるヒントを得る
   ・組織づくり、チームづくりのヒントを得る
   ・人材育成や人材配置のヒントを得る
   ・リーダーに必要な着眼点に気づく

グループワークや、自身の「効き脳診断」結果を通して、受講者自身の思考の”くせ”などの新たな気づきが得られ、今後の業務に活かしていける役立つ研修内容であったと思います。
研修内容にご興味がありましたら、弊社までご連絡ください。