『ビジネスパートナー交流会』を開催しました

『ビジネスパートナー交流会』を開催しました

1月23日、市内にある『iLAB』さんをお借りし、同じICT業界で切磋琢磨している会社様にご参加いただき、ビジネスパートナー交流会を初めて開催させていただきました。当日は足元の悪い中でしたが50名近くの方に応援いただき、無事に開催することができ大変感謝しております。
基調講演 –
人々が幸せになるために、私たちは組織や社会への貢献が必要
講師は日頃お世話になっている㈱エイ・ティ・エフ代表の籔田氏。
「答えはひとつじゃない」というアイスブレイクから、『時代の変化に対応した企業経営』と題し、基調講演をいただきました。企業文化を強くしていくためには一足飛びにはいかず、着実に歩みを進めなければならないという点は、参加者の頷きがとても多かったように感じました。そして、これからは”優しすぎる時代の「優しさ」を活用する“ということで、自分で自分を強くしていく時代に変わったことを認識しなければいけないという結びで終わりました。
ビジネスパートナー様発表
一人目は、㈱マイクロテック成田氏。
自社での新たな事業の取組みや立ち上げ時の苦労話について、ここでは詳しく書くことができませんが、事業を立ち上げてきた方だからこその内容で非常に興味深いものでした。
二人目は、㈱マイクロネット浜氏と金田氏。
日産自動車から技術ライセンス供与されたものを、今夏の発売に向けて開発中の“音源可視化装置”についてご説明いただきました。製品の内容は、様々なビジネスへの応用による潜在力の高さがうかがえました。ソフトウェアもハードウエアも作られているというのは以前からのビジネスの積み上げによるものだと実感しました。
当社発表
開発部門からは既存顧客や注力ビジネスの中長期ビジネススケジュールの紹介と、エンハンス開発拡大に向けたパートナーシップ強化の要請をさせていただきました。
先進技術を取り組む部門からはコンテナ技術について紹介し、会社を超えた勉強会開催の可能性をアピールさせていただきました。
技術革新部門からは共同でシステム開発を行う基盤の紹介の他、地域共創活動の紹介を行いました。
ネットワーキング
1時間という短い時間でしたが、ご出席いただいた皆様で名刺交換や情報交換がすぐに始まり、いたるところで小さな輪がいくつもでき、あっという間に時間が過ぎました。
地域で皆様と共に継続して発展していけるよう、今後も定期的に開催してまいりますので引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。