このITソリューションの対応業種

ビジネスのスピードを向上させ、無駄なコストを削減させます。

AWS(Amazon Web Services)とは?

ビジネスの課題をITで解決するAWS導入・運用支援

  • 無駄なコスト削減と本業回帰
  • ビジネススピード向上とビジネス継続性の確保
  • IT資産の固定費から変動費への転換
  • 初期投資不要、必要な時に必要な分だけ
  • 信頼性・セキュリティ維持はお任せ
  • サーバ運用を容易にする様々な機能を完備

AWS(Amazon Web Services)とは?​

Amzon.comが提供するクラウドサービズとして、お客様のより速いビジネス変化への対応、ITコスト削減、アプリケーション機能拡張を実現するために役立つ、幅広いコンピューティング、ストレージ、データベース、分析ツール、アプリケーション、デプロイサービスを提供しています。

AWS01

クラウドサービストとオンプレミス(自社サーバ)との違い

クラウドサービスであるAWSの導入や運用を検討にするにあたり、AWSと自社サーバ(オンプレミス)との違いを踏まえながら、導入計画を練っていく必要があります。
それぞれの特長をうまく活用することで、コストメリットだけでなく、移行計画、セキュリティ、ビジネスに合ったスケーラビリティなどにおける様々な恩恵を受けることができます。

自社データセンター AWSクラウド
初期コスト 必須 不要
利用コスト 余剰リソースにもコスト発生 実際のご利用分のみのコスト
災害対策コスト 高い 低い
物理的に異なる場所のデータセンターにハードウェア発注、設定、運用を物理的に行う必要あり 稼働していない時間は無料
インフラ調達期間 数週間~数ヶ月 数分
データセンターのロケーション変更 長時間必要 短時間で可能
サーバのスペックアップ、 スッペクダウン 時間とコストがかかる 余計なコストなしにすぐに対応可能
自社ネットワーク内での利用 可能 可能
専用線による自社内サーバとの接続 可能 可能
第三者機関認証 自身で取得 AWS側で取得済

世界で最も利用されているクラウドサービス「AWS」

AWSは、業種・業界を問わず、様々なシステムの展開事例・実績が豊富であり、世界で最も利用されているサービスです。

豊富な実績

ワールドワイドな拠点

190カ国数十万のお客様が利用。
日本でも20,000以上のお客様がご利用中。

AWS実績イメージ

リージョン(地域)と
アベイラビリティゾーン(データセンター)

AWS_拠点イメージ

シェアNo1  2017年2Q時点、クラウド市場でシェア30%以上

AWS_share

米調査会社のSynergy Research社の調査結果によると、AWSの他に、Microsoft、Google、IBMの主要4社のクラウド事業者が、シェアを維持もしくは拡大を続けていますが、その中で、AWSは30%を超えるシェアで独走しています。

引用:http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2017/08/aws34microsoft11.html

まず、何から始めるべきか?

すぐに始められる、使用量に応じた従量課金といったAWSの特長を生かし、最初は規模の小さいシステムや影響の少ないシステムでトライし、徐々に重要なシステムへの適用を検討していくことがいいのではないでしょうか。

AWS導入の流れ

TIS長野でできること

検討・移行・構築・運用までのワンストップでご提供

AWS導入に向けたご相談から、特性に合わせたITインフラの最適配置を検討段階から移行・構築・運用までワンストップに実現します。

オービックビジネスコンサルタント社の「奉行 クラウド構築・運用パートナー(AWS)」に認定されています。

構築 - AWSクラウドを利用した様々な形態のサーバやシステム構築を実現​​

インフラ基盤にAWSクラウドを活用し、AWS上で動作するサーバ構築、システム構築を実現します。
イントラネット環境下で動作するサーバやシステムの場合、貴社とAWS間をインターネットVPNで接続し、対象サーバ/対象システム環境を構築します。
ネットワークトラフィックに応じて、ネットワーク回線につきましてもご提案します。

例)・AWS上にファイルサーバを構築、AWS上にデータベースサーバを構築
  ・AWS上で動作するWEBアプリケーションやOSSアプリケーション
(GroupSession、Wordpress等)を構築

※アプリの特性に応じて、AWSが提供するサービス
(メール配信、プッシュ配信等)と組み合わせることも可能です。

移行 - AWSクラウドへのサーバやシステム移行を実現

お客様で利用されているサーバやシステムをオンプレミス環境からAWSクラウド環境へのシステム移行を実現します。
AWS移行に関して数多くの実績を保有しているTIS長野だからこそできる、現状のネットワーク/サーバ/システム調査から始まり、ハイブリッド構成も視野に入れた、お客様にとって最適なAWSへのシステム移行を実現します。

運用 - AWSクラウド上に配置したサーバやシステムに対して、適切な運用サービスをご提供

サーバ運用業務を軽減するための運用サービスを数多く揃えており、お客様の要件に応じた適切な運用サービスをご提供します。
TIS長野の「AWS請求代行サービス」をご利用頂いているお客様においては、AWS管理ツールである「マネージドサービス『MOTHER』」をご提供しており、障害監視や性能評価等の様々な有料オプションを準備しています。
「AWS障害監視サービス」では、死活監視、サービスプロセス監視、リソース監視、ログ監視といった監視方式があり、お客様のシステムにて障害等が発生した場合に決められた運用手順に沿って、お客様へのご連絡やシステム復旧等の障害1次対応作業をご提供します。

お客様事例

20台以上のサーバ・業務システムを移行。同時に待機系をオンプレ環境に構築。


■解決方法
用途や種類の異なる20台を超えるサーバやシステムの現状調査から始まり、綿密な移行計画に基づき確実に移行。

また障害発生時の迅速な復旧を目指し、監視サービスもご提供。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

その他のソリューション